ワンピースルフィの胸の傷がなぜついたのか?

ルフィと言えばバッテン傷が
胸についています。

なぜ胸の傷がついたのか?
そしてあの傷にはどういった意味があるのか
考察していきたいと思います。

 

 

ルフィの胸の傷はいつついたのか?

 

白ひげと海軍の頂上決戦での戦いで
エースに目の前で亡くなって絶望の淵に
たたされました。

そのときに大将赤い犬がルフィに止めを指そうと
して放った一撃をよけきれずに深手を
追いました。そのときについた傷跡です。

 

ネット上では違うときについたと
言っている人がいますが間違いなく
その時についた傷跡です。

スポンサードリンク

なぜ尾田先生はルフィにバッテン傷をつけたかったのか?

 

ここで疑問になるのが
何故尾田さんがルフィのバッテン傷を
描いたかです。

別に描かない方が書くとき楽だし
いらないと思われるのがですが

 

3D2Yが大きく関わっています。
麦わらの一味は一度シャボンディ諸島で
3日後に集まろう!といって2年後に集まりました。

そのときの仲間を見てもらえるとわかるの
ですが

ゾロ→目に傷
フランキー→ロボット化
ウソップ→髪もじゃもじゃ
ナミ→髪伸びる
チョッパー→トナカイ姿大きくなる
ロビン→グラマラスになる、大人ぶる

 

と麦わらの一味は2年前と
変化が加わっています。

なので尾田さん側も
ルフィに変化をもたらしたかった
為に胸の傷をつけたのだと
推測できます。

ルフィの顔は2年前と2年後では
なんら変化がありません。

ただ顔が変わったり
髪が伸びたり基本的にルフィは
ルフィのままでいいと思うので
個人的にあれぐらいの変化で
いいと思いました。

今後このままどんどん話が発展して
いくと推測されるので
これ以上のルフィの変化がないと
思われます。

 

 

追伸.

 

確かに言えていますね。

 

 



« »

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ